脂肪吸引について

脂肪吸引の歴史は比較的短く、1980年頃に始まったと言われてます。また、吸引できるのは皮下脂肪で、内臓脂肪については吸引できません。ただし、脂肪吸引は様々な箇所について行うことが出来ます。おなか周りはもちろん、顔、二の腕、お尻、ウエスト、背中、太もも、ふくらはぎ、足首など様々な箇所で行うことができます。脂肪吸引のメリット・デメリット、クリニック選びのポイント、費用についても紹介していますので、興味の持たれた方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

脂肪吸引 新着情報

脂肪吸引、このような言葉を一度は耳にしたことがあると思います。それでは、脂肪吸引とは、具体的には、いったいどういうものなのでしょうか?脂肪吸引では、カニューレと呼ばれるストローのような金属製の吸引管を使います。そして、脂肪自体を吸引するという外科手術のことです。この吸引できる脂肪にも実は種類があります。皮下脂肪は吸引出来ますが、残念なことに内臓脂肪は吸引することが出来ません。

脂肪自体には、あまり重さがありません。そのため、脂肪吸引をしたとしても体重はあまり減りません。しかし、余分な脂肪を除去することによて見た目がスッキリとして変わります。そのため、急激なダイエットしたように変わることができます。また、脂肪吸引には、短い時間で痩せたい場所を確実に痩せさせることが出来るというメリットがあります。通常のダイエットの場合は部分痩せというのはかなり難しいです。

そのため思うようにダイエットできないものです。例えば、お腹回りをダイエットしたかったのに、気付いたら胸が小さくなっていたことがありませんか?そして脂肪細胞は増えないため、一度除去したら、その吸引した箇所のリバウンドはほぼないと考えて良いでしょう。ただし、食べ過ぎなどによる脂肪の膨張はあるかもしれません。そういった点をふまえると一概にリバウンド無しとは言えません。決まってくるようです。

ハイパーインフレート法についてご紹介します。ハイパーインフレート法は、いままでのチューメセント法の技術では難しいとされていた中間層や表層への麻酔をできるようにした方法です。そのため、ハイパーインフレート法はチューメセント法を進化させた方法といえるでしょう。脂肪を吸引する前に麻酔薬を薄めた生理食塩水を皮下脂肪層に注入します。

そして、痛みを抑えながら脂肪をふやかして施術を行っていきます。このハイパーインフレート法によってカニューレが簡単に操作できるようになりました。そして、出血を抑えながら大量の脂肪の吸引ができるようになりました。また、術後の皮膚表面のでこぼこなども抑えられます。次にPAL(Power Assisted Liposuction)法は、パワー吸引とも呼ばれてます。 ハイパーインフレート法とPALシステム(カニューレの先を高速で振動させる脂肪吸引装置)が融合したもので最強の脂肪吸引方法です。

チューメセント法を進化させて、中間層や表層部分のの麻酔を充分にできるようにした方法がハイパーインフレート法ですが、そのハイパーインフレート法にPALシステムによって「人の手では、真似のできない細かいカニューレの動き」がつけ加えることになりました。PAL法によってさらに繊細で理想的なボディラインの実現ができるようになりました。また、PAL法は、施術時間も短時間なので身体への負担も少ないといことが特徴として挙げることができます。

超音波脂肪吸引法についてご紹介します。超音波は、人間の耳ではとらえることができない周波数の高い音波のことです。そして20キロヘルツ以下の周波数を持っています。ちなみに、人間の耳で聞き取れる周波数についてですが30キロ~20キロヘルツの範囲といわれています。脂肪吸引では、脂肪組織を分解したり脂肪組織をやわらかくするために超音波の振動力が利用されています。ただ、振動する時に摩擦の熱が生じて高温になりますので冷却装置が必要になります。

超音波脂肪法には、体内式と体外式の2種類の方法があります。まずは体内式ですが、これは超音波の振動する力を利用して脂肪を吸引しながら同時に脂肪組織を破壊していくといった方法です。施術をするときには超音波を発するカニューラが使用されます。体内式のメリットとしては施術中や施術後の、痛み、腫れ、そして出血が少なく、吸引のムラが発生しにくいことです。しかし、カニューラの直径が太くなりますので手術時間が長くなるという点が難点として挙げられます。

次に体外式についてですが、これは吸引を行いたい箇所に超音波を照射して、その温熱によって脂肪組織をやわらかくさせてから、カニューレにより脂肪の吸引を行う方法です。体外式のメリット点は、施術中や施術後の痛み、そして腫れが少なく、吸引のムラが発生しにくいところです。また、吸引した脂肪を胸などの注入用に再利用することも可能です。これは体内式の場合はできません。しかし、表皮に熱傷を起こすような可能性があることがデメリットとして挙げられます。

浅層脂肪吸引法についてご紹介します。浅層脂肪吸引法は、1991年にイタリアで開発されたものです。そして皮下脂肪の浅い部分を吸引するといった方法です。 浅層の脂肪吸引では、不均一な吸引が行われた場合に皮膚表面に凹凸が出来やすいため、均一に吸引するために、施術をする場合は高い技術が必要になります。

また、慎重に行われる必要があるのです。浅層脂肪吸引法によって皮膚のたるみを抑えることができますのでたるみが生じやすかったりする下腹部や臀部などの部分が施術の適応部位というようにされています。脂肪吸引方法にはさまざまな方法があります。この浅層脂肪吸引法もそのひとつです。他にもチューメセント法などもあります。

シリンジ法や超音波脂肪吸引法やハイパーインフレート法、PAL法、クリスクロス法などもあります。それぞれの施術の方法には特徴がありますのでメリットやデメリットなどをよく理解してから施術の方法を選ぶようにしましょう。脂肪吸引をうけたあとのアフターケアなどもカウンセリングの時に聞いておくとよいでしょう。

脂肪吸引のための方法としてシリンジ法というものがあります。このシリンジ法は、カニューレなどの吸引管を使わないで、陰圧のかかる注射器で丁寧に脂肪を吸い出すといった方法です。シリンジ方では手作業によって、数CCレベルでのきめ細かな吸引をおこないます。また、脂肪吸引量を正確に測ることができます。そのため、ボディラインの微妙な調整もできるようになります。

また、このシリンジ法のメリットは、皮下組織や血管などの他の組織を傷つけることなく脂肪を吸引することができるという点です。そして出血や痛みなども少ないので施術をうけた後の回復も早いということがあげられます。ただし、シリンジ方は日本では、まだあまり普及しておりません。深部のみに適した方法です。そして浅い部分の脂肪吸引には適さないことが難点だといえるでしょう。

また、シリンジ法の施術には、高度な技術を要しますので、熟練した腕のいい医師を見つけ出すということになります。これはなかなか難しいことかもしれません。日本で脂肪吸引の施術をうけるとしたら別の方法でおこなうことになるのではないでしょうか。脂肪吸引の施術は色々な方法もありますのでメリットやデメリット、かかる費用などすべてにおいて考慮しておいたほうがよいでしょう。